金額    期間の目安    ケミカルピーリング     種類     即効性     サイトマップ

banner

トップページ

banner

多くの人が悩んでいるにきびですが、早期の皮膚科受診がにきび自体の改善とにきび跡を防ぐために効果が高いということはあまり知られていないようです。
皮膚科でのにきび治療は高いのではないかと心配される方も多いようですが、基本的には保険が適用されます。
保険の適用範囲内のにきび治療であれば主に塗り薬と飲み薬が処方され、時に外科的な処置が施されることもあります。全国の皮膚科医で治療のためのガイドラインも作成されており、保険適用内治療でも大変効果が高いことが認められています。

保険適用外のにきび治療は様々なものがあります。例えば、皮膚に特別な光を当てて原因菌の殺菌や皮脂の分泌をコントロールするフォトダイナミックセラピーやケミカルピーリング、イオン導入などが行われるようです。
平均的な金額は、フォトダイナミックセラピーで二、三万円から十数万円、ケミカルピーリングでは一回に一万円程度、イオン導入では数千円からとされています。
保険適用外のにきび治療は金額的に高額ではありますが、一般的には難しいとされるにきび跡にも高い効果が認められています。

自分が必要とするのはどのような治療なのかを見極める必要があります。
まず、保険適用のにきび治療を受けて、それでも改善しないにきび跡などがある場合に保険適用外の美容皮膚科の診療を受けてみるなどの使い分けをするのも良いでしょう。
金額が全然違うので、効率よく活用したいですね。
治療が長期化することもあるので、初めに医師に相談し、話し合うことが必要です。

Copyright(c)にきび治療. All Rights Reserved.